ダイエット中でも食べられるチョコレートの正体

正しく実践することが大事

カカオの含有比率が7割を超えるビターチョコレートを選ぶことが、チョコレートダイエットを行う際の理想です。そして、1日50グラムほどを目安に、食事の10分前など、少量ずつ分けて食べましょう。また、食後の食べ足りない時に召し上がることも有効で、満腹感をサポートしてくれます。

女性

甘いもので痩せよう

チョコレートでダイエットをする方法が人気を集めています。カカオが多く含まれているものを選び、美容効果や健康効果を高めることがコツとなります。他にも、新しい機能を付加した機能性チョコレートも人気を集めています。

チョコレート

痩せたいときの味方です

ダイエット中に甘いものを禁止すると、ストレスが溜まります。もし食べるなら、カカオ含有量が多い上質なチョコレートを選ぶのがオススメです。チョコレートには脂肪分解酵素の働きを抑える作用があり、美容や健康のサポートをしてくれます。

美味しく食べて綺麗になる

体重計とメジャー

チョコで美味しく美しく

近頃色々な種類のチョコレートが、コンビニエンスストアやスーパーでたくさん販売されています。甘くて美味しいチョコレートは大人も子どもも大好きなおやつですが、食べ過ぎるとニキビができたり、太ったりするので避けているという方も多いでしょう。カロリーも低いとは言えないので、ダイエットの天敵であると思われがちですが、チョコレートダイエットというダイエット法が存在しています。美味しくチョコレートを食べられて、なおかつダイエットにもつながるということで、ストレスなくダイエットを続けられる人気のダイエット法です。しかしチョコレートをご飯の代わりにしたり、好きなだけ食べたりしていると効果は現れず、逆に不健康になってしまいます。このチョコレートダイエットでまず守るべきルールの一つは、食べるチョコレートはカカオ70パーセント以上のものにするということです。カカオにはカカオポリフェノールのいう成分が含まれており、その成分は美容効果や便通改善、ダイエット効果などをもたらしてくれます。そんな大変優れた成分を含んだチョコレートを食前や食後に少しずつ食べることで、食欲を抑えたり、満腹感を感じやすくしたりしてくれます。ミルクチョコやホワイトチョコなどのカカオ含有量の少ないものでは、カカオポリフェノールを充分摂取することはできず、逆に糖分の取りすぎになってしまう可能性があります。カカオにはストレスを軽減する作用もあると言われており、チョコレートダイエットはストレスを感じることなく美味しく美しくなれる効果的な方法と言えるでしょう。